思えば遠くへ・・・

鳥BOTが去っていったようなので、再び時計2Fに通い続けて・・・

f0105222_18143614.jpg

続いてJobも・・・

f0105222_18171718.jpg

これでBase89/Job58となり、第一段階の目標であるBase90/Job58まで、あと一歩。
今回はリヒタルゼン関連のクエスト達成により、短期間で合計4M近くものEXPが入ってきた
ために、88に上がったときよりも早かったなぁ、という印象でした。

とりあえず、現状のASPDもアクセサリ次第で179に達し、転生直前時のASPDにようやく
追いつきました。もっとも、実際は小数点以下の部分もあるので、もう少しAGIを上げないと
本当に追いついたことにはならないのですが・・・。

とまあ必要EXP欄がすっきりしたこともあって、EXPを稼ぐ、という前のめりなモチベーションが
無くなってしまったので、転生前に通っていたけれども転生してから一度も行っていない狩場へ
足を運んでみることにしました。



----------------------------------------

転生前より肌の露出は減ってるというツッコミは置いといて・・・

ゴムサンダルをきゅぴきゅぴ鳴らして近寄ってくる、奇妙なかぶりもの生物。
今回のターゲットは、AGI職ならば一度はお世話になるであろうモンスター、オットーです。

f0105222_18334194.jpg

中型・水1属性・動物種族で、フィールド配置Mobとしては相当高いATK、逆にあまり高くない
95%Flee、高いBaseEXPなど、なかなか特徴的なモンスターと言えます。
水属性は対抗相性の効き目が高く、オットー自体もそれほどDefは高くないため、Fleeさえ
確保できれば、AGI職は風属性武器を持って手軽に徒歩狩りが可能です。
ただし、稀に行ってくる水属性攻撃は、何と通常攻撃の4倍近いダメージを与えてくるために、
ある程度レベルの高いAGI職でも、運悪く当たると即死しかねません。一応、水属性鎧を装備
しておけば、ようやく通常攻撃並みのダメージまで減らすことは可能です。
というわけで、動物盾・水タイツが固定装備で、矢は風のみ持っていきます。
ちなみに属性鞭には何故か「風」だけがないので、とりあえずレグルロにも効く動物鞭を装備。
もちろんQMロープも忘れません。

オットーは、マップの南半分を占める砂地にしか沸かず、数はそれほど多くはありません。
エンカウント頻度も少なく、大抵1vs1状態で戦えるのですが、やはり囲まれることもあります。

f0105222_18551896.jpg

そんな時こそArV確殺で積極的に数を減らし、可能な限り被弾確率を減らしていきます。
接敵数の間引きは、AGI職タイプにおける、最も基本的かつ効果的な立ち回りの1つでしょう。
ちなみにDEX140・+9動物鞭で風ArV8一確となります。
5%被弾でHPが減り、6割を切った辺りで、オットー以外のMobをQMロープに持ち替えて
叩き始めます。オットーには矢撃ちで属性を乗せてHP吸収を狙いますが、そのまま叩いても
問題はなさそうでした。SPが余っていれば、ギャンブル的にArVを撃ってみるのも一興です。

1時間狩ってみましたが、通常攻撃メインでArV使用を抑えたせいか、SPは余りがちでした。
EXP時給は、概算(EXPバーで計算)でBase1M/Job550kというところです。
そのまま延々と狩り続けるなら、このままのペースを保って矢が尽きるまで滞在可能でしょう。
1時間単位で切り上げるなら、ArVの使用頻度を増やして効率を上げることができそうです。

とりあえずArVを適度に使っていれば、死ぬ危険性はまず無さそうですが・・・問題は風矢の
確保でしょうか。風原石を矢作成して補給するしかないのですが、グランペコMAPに通って、
1時間で30~40個・・・数は出るにしても、地勢的に遠いのが難点ですね。
[PR]

by lana_ro | 2006-04-21 19:23 | 狩場レポート  

<< 徒然なる日々の語り 招かれざる客 >>