パーティ戦概論

前回からリンクする形で、今回は、PTにおける基本的な考えを書いてみようと思います。
もっとも、私自身のPT経験はあまり多くありませんから、単に「この人はこう考えるんだ」という
程度で読んでいただけると、助かります。



----------------------------------------

そもそもPTとは、単一戦力の集合体と言えます。
個々のメンバーは、量に差はあれど、防御・支援・火力の三要素を必ず備えているからです。

ただし、クラス・スタイルによってその現れ方は異なります。例えば防御なら、AGIでもVITでも
防御戦力としては同じですが、その特徴は違います。支援にしても、ハンターの罠、セージの
属性付与、プリーストの回復魔法と様々です。火力においては、弓手に代表される単体火力と
Wizに代表される範囲火力を挙げれば、理解に事足りるでしょう。

システム面だけを見ても、PTという集団がいかに多様性を持っているか、よく分かります。
そしてキャラクターの背後には様々なプレイヤーが存在し、例え同じデータのキャラクターを
動かすにしても、その言動によって違い(多様性)は、より大きな幅を持ち得ることになります。
そのため同じPTは1つとしてなく、個々のメンバーが果たすべき役割、ひいては自分の果たす
べき役割は、PTごとに異なるということになります。

となれば、参加するPTにおいて最善を尽くそうとするならば、何を考えるべきでしょうか。
私の考えでは、それは『PTにおける自分の「立ち位置」を見つけること』だと思います。
なぜならば、個々人が自らをPTメンバーの一員であると認識して初めて、そのメンバーがPTの
構成要素として機能し始めるからです。そのためには、自分の参加するPTがどのような「戦力」
なのかを、把握しておかなければなりません。

そこで考えるべき点は、以下の2つです。

■メンバー個々人の戦力分析

 PTとは、単一戦力の集合体であるがゆえに、まず個々の力を知っておく必要があります。
 戦力要素としての大まかな理解だけでなく、スタイルの中核を成すスキルや行動パターンの
 特徴をも把握するべきです。前衛・後衛・支援という型にはめて、キャラクター自体をスポイル
 してしまえば、PTの限界は低いレベルで止まってしまいます。しかし特徴を活かして利用する
 ことができれば、行動のバリエーションが広がり、ひいてはPTの限界も引き上げられます。

■殲滅スタイルの推測

 PTは、それ自身で、1つの戦力であるとも言えます。そのため、敵を殲滅するための手段や
 状況は様々です。具体的な例を挙げると分かりやすいのですが、AGI系前衛+単体火力の
 組み合わせと、VIT系前衛+範囲火力の組み合わせでは、殲滅に至るまでの過程と手段が
 全く異なります。当然、そこで求められる行動やスキル、アイテムも違ってきます。
 よって、どのような戦況が展開され、どのように敵を殲滅していくか、という流れを想像しておく
 ことで、自分の果たすべき役割がはっきりします。

以上2点を自覚的に把握することで、PTを自分自身であるかのように理解することができ、かつ
自らの行動によって、他メンバーに働きかけて戦況を変えることすら可能になります。
もちろん、他メンバーも同様の理解に達していれば、そこには、言葉によるコミュニケーションの
必要なく、戦況に応じて個々が最善の行動と連携を取る、理想的なPTが顕現することでしょう。

----------------------------------------

だいぶ大仰に書いてきましたが、これらのことは、PTを組んだときに、誰もが多かれ少なかれ
考えていることではあります。ただ、こうして考えの元をはっきりさせることで、具体的な状況に
対応するための、足場のようなものができるのではないかと思います。
[PR]

by lana_ro | 2006-04-25 21:02 | RO(考察)  

<< 進む前に、ちょっと振り返る 1戦力ユニットとしてのAGI-... >>