二極鞭子育成(その2)

■育成方針(ステータス)

装備の揃い具合は個々人で異なるので、細かい数値は、ROratorioでシミュレートしてからの
微調整を「個々人で」行ってください。

◆作成時

まず、キャラクター作成時のステータスはAGI9・INT9・DEX9をお勧めしておきます。
AGIとDEXを9にするのは当然ですが、INTを9にすることには、それなりの理由があります。
ダンサーのINT補正は最大+5で、最終的には9+5で14となるのですが、ブレスを受けた時の
INTは24となって、自然SP回復量の区切りである6の倍数に落ち着くためです。

◆育成前半(ダンサー転職前後)

育成概論でも述べたように、アーチャー時代は駆け足で通り抜けた方が楽です。
そのため、まずはDEXを先行して上げ続けます。
目安は、集中込みDEX90もしくは100を確保する、というものです。
大まかに計算すると、素DEXで63前後もしくは72前後となりますが、これは、ダンサー時代の
Job20(~Job40)時点でのDEX補正を見越した数字です。

なお、初期からずっとDEXに振り続ければ、Base43で素DEXが64まで上がります。
装備がある程度(グローブ×2)揃っているなら、ジオグラファーに必中となっているはずです。
ようやくここから、AGIへと振り始めます。
もっとも、Fleeが足りないのを我慢してジオ園(アインブロク↑)に通い続けられるなら、72まで
振ってもいいと思います。70代までASPDやFleeに不安を抱えることになりますが、長期的に
見ると、このDEXの高さは育成後半に生きてきます。

さて、スキル面で過不足のないJob42を達成する頃には、BaseLvが55前後に達していること
でしょう。ここでダンサーに転職することになりますが、それでもAGIへと振り続けます。
そして、区切りがいいところで素DEXを72前後まで上げておいてください。

そうすれば、BaseLv72前後でほぼ素DEX=素AGIとなるはずです。Fleeも、ウィスパーc挿し
肩防具込みで180強に達するので、ミノタウロスやパンクなどの中レベル帯Mobをターゲットに
狩り続けられるでしょう。
このステータスを、育成における「最初の到達点」と捉えておくと良いように思います。

◆育成後半(Base99達成まで)

ここからの育成は・・・「DEX区切り完成」か「AGI・Flee確保」のどちらを優先するかで、流れは
多少違ってきます。DEXを先行させると、非移動型Mob狩りをメインにしたり、ペアやPT狩りに
参加したりする方面には有利になりますが、鞭が実用的になるラインが遅く、狩場も限定されて
しまいます。逆にAGIを先行させれば、狩場が広くなる上に鞭スタイルを早い時期から楽しめる
ようになりますが、威力が頭打ちになるケースが多くなり、時給効率は伸び悩みます。

晩成であるのを我慢できるならDEX先行、放浪して色々な狩場を回ってみたいならAGI先行を
お勧めしますが、タイプ的にソロ狩りメインとなることを考えると、AGIを先行させて目標狩場に
合わせる方が、モチベーションを保って遊び続けられると思います。
ちなみに私はDEX先行だったのですが、Fleeを確保できている狩場に長く籠もることのできる
人ならば、これはこれで悪くありません。回復剤次第では多少の無理も利かせられます。

とりあえず育成前半と同じように、Base80でDEX80-AGI80になることを1つの目標にしても
良いでしょう。鞭子としてのスタイルが確立してくるのも、だいたいこの時期からです。
これ以後は、頭防具・タイツ・アクセサリ類のステータス調整用装備がどの程度整っているかに
よって、細かいステ振りは変わりますが・・・基本は「DEX区切り」か「AGI・Flee確保」です。

個人的な意見ではありますが、Base80を超えたら、なるべく早めに崑崙1に通えるようにする
ことが、装備を整える面から見ても、モチベーションを保つ面から見ても、お勧めです。
人面桃樹の95%Fleeは208ですが、これだけのFleeがあればほとんどの狩場に通えます。
AGIとDEXをフラットに育てていくならBase85で達成可能で、そこから古代アクセ装備可能の
Base90まで崑崙に通い続ければ、相当なお金を貯めることができるはずです。
ステ振りに少し違いはありますが、ここでQMロープの資金を稼いだ私の経験談でもあります。

さて、Base90は1つの転換点でもあります。
この時点でDEXがカンストしていれば、矢りんご+ニンブルグローブ×2の装備でDEX140を
達成できるからです。とは言っても、Base90到達でDEX140にするのは賢くありません。
AGIが圧迫されてFleeが少なくなり、普段の狩りが厳しくなります。
それでも、DEX140をある程度早い段階で到達させておく利点は、ちゃんとあります。
二極鞭子の最終狩場の1つである時計地下4F・・・ここのメインMobバースリーを、対人鞭で
叩いた場合の確殺数が、DEX130とDEX140では1回分違うからです。
私の場合はBase94でAGI89-DEX99としましたが、これで時計地下4の時給効率が1M↑で
安定し始めました。

一応、ここまで到達すれば、鞭スタイルの方が総合的に強くなる狩場も出てきているはずです。
個人的には、90代前半でDEXをカンストさせて攻撃力を完成させた上で、発光までAGIを振り
続けていく方が、長い道のりを歩む上では有効だと思います。
[PR]

by lana_ro | 2006-05-27 19:16 | 二極鞭子育成  

<< 二極鞭子育成(その3) 青箱リターンズ >>