蜜月の終わり

ちとリアルのお話です。

長年続いてきた関係に終止符を打ちました。
私自身の至らなさ、お互いの身勝手さ・・・それが全てでした。
正直なところ、今でも気持ちは残っています。
別れを切り出すためにエネルギーを振り絞り、こうして書いている今も辛いままなので。
けれど、今のままではお互いのためにならないし、最近は、一緒に居ても心の通い合う時間が
ほとんどありませんでした。
いつしか、惰性で続けていく関係に陥っていたのでしょう・・・。
ただ、喧嘩別れではなくすれ違いを認めての別れなので、人間関係まで切れてはいません。
それでも、お互いが再び、触れ合う程に近付くことは・・・もはや無いでしょう。

こうして書き記すことで、自分の気持ちを整理していますが、しばらく後を引きそうです。
もちろん、ここ以外で自分から話すことはしません。
とりあえず、1つの終わりが訪れて、1つの始まりが(もしかすると)やってくるかもしれない・・・
それだけのお話、ということで。

これから続く明日は、きっと希望に満ちているはず。
[PR]

by lana_ro | 2006-06-26 00:53 | 一般(雑記)  

<< 荒れ果てた部屋の中には・・・? Voice far from ... >>