ノーグハルト後

ここのところ、狩りでお金がそこそこ貯まっていたので、色々と装備やカードを購入。
その結果が、以下の装備です。
f0105222_20112767.jpg

竜特化鞭は、アビスレイクの情報が出てきた頃に安値で確保していた地プティc3枚に、露店で
出ていた1枚を購入して4枚ともロープに挿し、完成しました。
アビスレイクD入口マップやデリーターの配置されているフィールドマップなどで活躍してくれる
ことでしょう。アビスレイクDにPTで行く時も、ある程度の火力役を努めることができるはず・・・。
不凍タイツは生体D用装備の1つで、使う機会があるのかどうか微妙ですが、とりあえずこれで
生体D3F用の装備は一通り揃いました。



----------------------------------------

さて、今日は、タナトスT2FにPTで行ってきました。
PT構成は、96黒蛇アサ・91量産ハンタ・88中メディタHiプリ・94D>A二極ジプシー。
始めはアサシンがいない構成で2Fに入ったのですが、入口に「執行する者」がいて、覚悟する
余裕無く全滅・・・復帰中にアサシンを加えて再突入ということに。
相変わらず入口に「執行する者」がいたため、誘導して引っ張るも、テレポ後にMHへ着地して
2度目のデスペナ。しかし他メンバーが頑張って血路を開き、無事に合流できました。

とりあえず狩りそのものは順調に進みました。
古代ミミックの数は確かに多いのですが、必中HIT・95%Fleeを考えなければ、それほど強い
Mobではない印象でした。ただし、ASPDと移動速度が速いため、単体の強さよりも、数で来た
時の強さは別物と思った方がいいようです。
デスワードはHPが多めでATKも高いのですが、古代ミミックに比べると、移動速度・ASPDは
遅く感じますし、特別に怖い攻撃もないので、火力を集中すればあまり脅威ではありません。
配置数も古代ミミックより少なめで、印象に残りにくいというのもありますが・・・。
他にエルダー・アリス・ライドワード・ミミックも配置されていますが、前者2つは割と多い頻度で
遭遇するため、対策は立てておくべきです。この狩場の金銭面を左右するMobでもあるので、
積極的に倒していけば、なかなか稼げると思います。
最後に「執行する者」ですが、天使・闇・中型・BOSS属性という、かなり倒しにくい性質を持って
います。ATKも相当高く三減盾のない種族のため、最終的な被ダメージは1kを超えます。
95%Fleeが280ちょっとであるため、私たちのPTではアサがタゲを受け持ち、私とハンターが
後ろから射撃とArVで撃ち崩していきました。殲滅パターンに持ち込んで、前衛役が闇服を着て
壁になっていれば、意外と簡単に倒せるMobではあります。
ただ、時折BBを使っていたようなので、これに巻き込まれないように立ち位置を考える必要は
あるでしょう。今回はアサさんがBBを避けていたようですが、当たっていれば、ほぼ即死だった
かもしれません・・・。

狩場の全体的な印象としては、古代ミミックをあっさり処理できるなら、金銭面の期待額も高く、
Job比率が高いので、転生職PTに向いている狩場であると感じました。
被ダメージを考えると無形盾装備を推奨したいところですが、慎重に進んで単一方向に対して
戦端を開くように立ち回れば、充分行けるはずです。
個人的には良い狩場だと思うので、機会を見つけて色々な人とPTで行ってみたいと思います。
[PR]

by lana_ro | 2006-07-05 20:52 | RO(雑記)  

<< ノーグハルトパッチ雑感 ノーグハルトパッチ・初見レポート >>