Zenyの稼ぎ方概論(その2)

というわけで、前回の続きです。

----------------------------------------

先に、Zeny稼ぎにはプレイヤーのニーズ(必要性)が重要と書きました。
このニーズは、いわゆる「プレイヤーのやりたいこと」と結びついていて、この「やりたいこと」を
行うためには、様々なゲーム内要素が必要となってきます。
その要素とは、装備であったり、回復剤であったり、何らかの材料であったりします。

さて、ROには、ニーズの種類がもっとも多く、さらにはゲーム内資源がほとんど生み出されず、
消費だけが莫大に増えていく舞台があります・・・それは、GvGです。
言うまでもなく大量の高性能回復剤が使用され、特定スキルを使うために必要な材料もまた、
同様に大量消費されていくのは、お分かりかと思います。
つまりGvGとは、ゲーム内資産が大量に消費される場所でもあり、ひいては消費される物品の
ニーズが常に存在する場所であるとも言えます。

これとは別に、ゲームそのものがレベリング(キャラクターの育成)を指向しているため、育成に
費やされる消耗品というのも発生します。ごく単純な例で言えばHP回復剤ですが、育成速度を
早めるために様々なSP回復剤が用いられたり、あるいは、殲滅力を上げるために属性付与を
行い、属性原石が大量に消費されることもあります。

もう1つ・・・ROのキャラクターは、頭防具によって外見の一部(要するに頭部)をコーディネイト
することができます。これらの頭防具の多くは、集めるのが難しい収集品を必要としたり、数を
集める必要があったり、あるいはその両方であったりと、作成は一般的に手間が掛かります。
だからこそ、その手間を掛けられない人たちや余裕のない人たちが、材料をお金で買うことも
あるわけです。

そして、ここまで挙げてきた3つの要素(対人戦・育成・お洒落)こそが、プレイヤーのニーズを
構成するメインの要素であり、Zeny稼ぎの具体的手段を考えていく上での軸となります。

----------------------------------------

今回はここまで、です。
次の記事は、3つの要素ごとに述べていくので、まとめるのに少し時間が掛かります・・・。
今しばらく、お待ちくださいませ。
[PR]

by lana_ro | 2006-07-11 21:14 | RO(雑記)  

<< 備え Zenyの稼ぎ方概論 >>