ワイルド・スピード3

表題の通り、9/16に公開された「ワイルド・スピード3」を見てきました。
遅い時間帯ではありましたが、ざっと見回した限りでは3/4の席が埋まっていたようです。

あちこちで流れているトレイラー(紹介用ダイジェストCM?)とタイトルからして、派手な展開に
ストーリー性の薄いシナリオがくっついているような作品ではないかと思っていましたが、良い
意味で裏切られました。
メインのカースタントシーンは思ったほど多くないのですが、どれも、そのシーンに至るまでの
プロセスがしっかり組まれていて、実にすんなりとカーアクションを楽しめました。
そしてシナリオも、日本の雰囲気を演出する部分で若干の誇張はあるものの、流れに沿った
キャラクターの立ち方と奇をてらわないストレートなビルディングロマン、適度に挟まれている
アクションシーンで、最初から最後まで引っかかりを覚えずに見終わることができました。
第一印象からして展開の激しいシナリオを想像するかもしれませんが、手堅くまとまっていて
安心して人にお勧めできる作品だと思います。

ああそれと、頭文字Dのドライビングのところを楽しんで読める人は、色々と「ニヤリ」とさせる
演出やシーンがあるので、なかなか「ツボを弁えている」ようです(笑)。
また、1シーンしか登場しないにもかかわらず、日本のバラエティ番組に出演しているような
人が結構出てきています。そのあたりも注意して見ていると面白いかもしれません(笑)。
[PR]

by lana_ro | 2006-09-17 21:52 | 一般(雑記)  

<< 1.5倍期間のとある日 尊い雑事 >>