途上の人

Linkに【ははっ、滑稽ね!】さんを追加しました。
日記メインではありますが、個々の記事が程よくまとまっていて読みやすい印象があります。
ご本人は相変わらず(ノ-`)ノな日々のようですが・・・(笑)

----------------------------------------

今回は少し、近況を整理して書いてみようと思います。
自分の今を振り返るためでもあります。



神奈川に移ってきてそろそろ3ヶ月近くになります。
生活はそれなりに安定し、無茶をしなければ貯金できる程の過ごし方に落ち着いてきました。
もちろん、実家に居た時に比べて、生活の様々な面において気を配らねばならないことは増加
していて、時間的にだけでなく精神的にも、落ち着いて過ごせる余裕が随分減っています。

ただ、それは悔やんでいることではなくて、逆に、自分自身の「人間としての幅」を広げることに
繋がり、普通よりも遅ればせながら「まともな」人になれたのかな、というささやかな認識を得る
ための糧となりました。さらには、時間的(精神的)に出来ることが少ないからこそ、今に出来る
ことに対しての「貴重さ」をより強く実感できるようにもなりました。

昔は、ある意味「時間が止まっている」ような生活だったのだなと、つくづく感じます。
今はもう、日々に追われる(時間が動いている)生活ですが、人生の局面が切り替わったとでも
言うべきかもしれません。けれど、時間に追われているからといって、余裕を忘れた振る舞いは
取りたくありません(しない、と言い切れないのが辛いところですが)。

仕事の方は、相変わらず毎日が濃い時間です。
元々、任される業務は雑多で様々だったのですが、それぞれの業務がどんな意味合いを持ち、
後々にどういう影響を及ぼすかということを自分なりに考えつつ、把握できないところは上司に
聞いていたりもしました。そうして把握できる・想像できる部分が増えるに連れ、割り当てられる
業務の内容に「判断と裁量を必要とする」ものが増えてきました。社内資産に管理用ラベルを
貼る雑務だけでも、会社の資産管理ポリシーや、納品された物品が何故「今」必要になるのか、
といった事柄に思いを至らせることができます。

よく、仕事のノウハウ本に「雑用は積極的にこなすべし」と書かれているのを見ますが、雑用も
つまるところ会社に関係している仕事であって、様々な雑用をこなすことで、自分の立ち位置と
会社の状態・取り巻く状況が見えてくるからこそ、なのでしょう。
ROのパーティ論でも述べていますが、自分の立ち位置がはっきりすればするほど、どういう
行動を取れば会社に良い(悪い)影響を与えることになるか、という物差しを明確にすることが
できます。あとは、自分にできるアプローチ(意見を言う・文書を作るなど)を把握することで、
その場その場の最善手が見えてくるはずです。

今関わっている仕事は、かなり広範な分野に関わっているようで、未だに半分も把握し切れて
いないのですが、自分の行動が、湖面に一石を投じて波紋が広がるように、様々な人・部署に
影響を与えていくのだなと思うと、結構、やる気も出るというものです。

後はまあ、プライベート面の充実ですが・・・こればかりは簡単に行くものではないですね。
焦らずまったりと、色々な縁を探してみようと思います。
[PR]

by lana_ro | 2006-11-11 12:01 | 一般(雑記)  

<< キルハイル・クエスト 生きている歯車 >>