アイテム課金

ガンホーが、ついに混沌を呼び寄せてしまったようです。
表題の通り、アイテム課金が今冬にも始まるとのこと。
ただ、公開されたラインナップを見る限りでは、スキル再振りを除いて全く食指が動きません。
そしてそのアイテムですら1つ2000円という、月額料金を上回る額です。もっと抑えめの金額
だったならば、いくつかのキャラで「再振りした方がいいのかな・・・」と思っていたキャラに適用
してもいいと考えていましたが、これではお話になりません。

ぶっちゃけ、私にとっては「来ても来なくても関係ない」要素です。

ただし、周囲の環境にはそれなりに影響があるでしょう。
一番分かりやすいのは、課金アイテムを使って必死に狩る人たちが、周囲に迷惑を振りまいて
ゲーム内の雰囲気が悪化するという状況でしょうか。現実のお金が時間単位で消費される分、
その時間を邪魔する人・要素は、使用者にとって敵視される存在です。極論してしまえば、他の
プレイヤーがそういう存在に見えてくる働きを持たせてしまう、ということです。
結局はROコミュニティの雰囲気がより悪化し、プレイヤーの質は平均的に下がり・・・ひいては
運営側にとって扱いにくい(ばかりか新規プレイヤー参入を阻害する)プレイヤーが選別されて
いくことになります。課金アイテムを使う人たちにとっては、新規プレイヤーですら究極的には
自分の邪魔をする存在ということになるわけですから。

そして同時接続数は先細り、ギスギスした社会で生きることを好む人ばかりが集まる不健康な
コミュニティが生まれることになります。当然、運営会社の規約をきちんと守る人などほとんど
いなくなるでしょう。良質なコミュニティ(例えばかつてのMoE民)は運営を手助けすることすら
ありますが、悪質なコミュニティは運営を妨げる人の割合が多くなるために、それに対処する
ための時間的・人件費的コストが余計にかさむようになります。

今回のアイテム課金・・・長い目で見れば、ガンホーは自分の首を絞める強さを増した、と言って
いいと思います。既に黄昏を迎えているROですが、次は、終末の闇が近付いてきているのかも
しれませんね。
[PR]

by lana_ro | 2006-12-06 20:52 | RO(雑記)  

<< 矢撃ち専用防具 生きる力 >>