理解と愛

Blogのskinを変更しました。
もともと自然の光景に身近さを感じる性質なので、今回のものは結構なお気に入りです。
また、一部のデッドリンクを削除し、移転に伴いURLが変更されたBlogや新規追加Linkを
メニューに追加しました。

■まーやさんの「綾のらぐなふんとーき」
 同ギルドに所属するまーやさんのBlogです。デザイン関連のお仕事なためか、Blogの
 雰囲気がなかなか特徴的だと思います。最近はWizに大ハマリのようですね。

■MARLさんの「MARGHERITA」
 プライベートが落ち着いて、めでたく復帰となったMARLさんの新Blogです。
 以前のBlogでも感じられた、天真爛漫な雰囲気は相変わらずというところでしょうか(笑)。

■CriticalWiz氏の「ずっと夢の中」
 同BlogはExciteにありましたが、ここ最近のExcite不調と本人のプレイスタイル合致の
 ために、別Blogへと移転しています。Gv×かつ狩りメインという辺りは私と共通していて、
 私とは違った方向性で際立っている職スタイルのキャラで遊んでおられます。
 ぶっちゃけ、クリティカル&バーサクLKといえばこの方と言っても過言ではないです(笑)。
 ・・・が、現在のメインはD>Iスナイパーのようです。



----------------------------------------

言動には必ず原因がある。
そしてその原因にも、まだ遡れる原因がある。
ずーっと、できる限り辿っていくと、最初に思い描いていた姿とは大きく異なる
「誰か」の本当の姿が見えてくることがある。

表向きは活発で悩みなど無さそうに見える元気な人でも、そのように見える行動そのものが、
実はとんでもなく奥深い、心の傷によるものではないか・・・と見えてしまうこともある。
もちろん、そんな痛みを自らの血肉として(引き受けて)その上で自覚的に振舞っている人の
思いがけない「強さ」や「美しさ」が見えることだってある。

傍目に見て、困った言動や空気を読めない言動をしている人も、本人は本人なりに努力して
合わせようとしているのかもしれないし、あるいは合わせる余裕を見つけられないほど、傷が
深いのかもしれない。我慢できないほどの痛みのさなかで、他人に気を向けることが難しい
ことは、誰だって経験していることのはずだ。

本当に悪い人などいない。
本人なりに一生懸命生きようとし、その人の中でまだ引き受けきれない力が暴れているだけ。
コントロールできない力は、容易に人を(そして自分をも)傷つけるし、自覚するのも難しい。

だから、それに気づく(気づかせる)には、同等かそれ以上の力で、寄り添うか立ち向かうか。
どちらにしても、そこにあるのは「愛」だと思う。
愛するからこそ支えるべき時もあれば、愛するからこそ立ち向かうべき時もある。
でもそこで、本当の意味で相手が相手自身の姿に向き合えた時、寄り添った(立ち向かった)
人もまた、もう1人の自分自身がそこに「在った」のだとわかるだろう。
その時、彼我は無い。
情熱のままに身体を触れ合わせることだけが、溶け合うことではないはずだ。
[PR]

by lana_ro | 2007-06-15 12:30 | 一般(雑記)  

<< 駆け足で 急がない >>