カテゴリ:二極鞭子育成( 6 )

 

二極鞭子育成(その6)

■育成狩場(ダンサー時代後半)

◆ルルカ森(コモド↑→)
s4ロープを落とすドリアードがもっとも多く配置されているマップで、最終狩場とするにはかなり
物足りないものの、収集品はそこそこ高く、s4ロープを自力入手できるということもあって、育成
後半の狩場としてピックアップしています。安定して鞭で狩るにはFleeが200強は欲しいところ
ですが、若干足りない時は中型弓を持ってDSを多めに撃つのも良いでしょう。
一応90代でも、地属性鞭・中型鞭・土矢・水矢を敵に合わせて持ち替えるならば、ダンサーでも
時給600k後半は出せるので、EXPをあまり稼げない・・・というほどでもありません。

◆オーク西の村
オーク族自体は、単体の強さで言うとあまり強くはありませんが、ここのマップはその配置数が
多く、囲まれることの多い狩場です。対人盾があれば被ダメは少ないので、Fleeさえある程度
確保できていれば、まず死ぬことはありません。メインのハイオークが大型のため、鞭子とは
相性があまり宜しくないものの、オーク特化鞭(TSmBlロープ)を作ってみるのも手でしょう。
ただし、最終狩場としてはやはり物足りない部類に入ります。アクセスの良さは魅力的ですが。

◆ココモビーチ西(コモド→→↓)
AGI系クラスの定番狩場、通称オットーマップです。ATKは高いものの必要Fleeが207という
お手頃な低さのオットーは、動物鞭もしくは水特化鞭、さらには水鎧(水タイツ推奨)があれば、
発光までずっとお世話になることも可能です。
一応、時間帯・サーバーにもよりますが、Base90代後半でも時給1Mペースを維持できます。
なお、参考として・・・2PC支援込みDEX150・ピッキタイツ・ジルタスc挿し盾・+10DShCrBd
ロープ装備で風矢TA5の3確、SPを気にしなければ時給2Mは出るようです。

◆西王母神殿
金銭狩場と言われる崑崙1Fですが、Flee210前後から普通に狩れるようになります。最初は
中型弓あたりでDSを織り交ぜつつ狩り、ASPDが高くなったら鞭スタイルも試してみましょう。
もちろん、時と場合に応じて弓と鞭をスイッチで使うのもお勧めです。
DEX140・+10DCheDUnロープで火矢TA5の3確になるので、持ち替えに対応できるなら、
他に火鞭・土鞭・QMロープを持っていくと、かなりのハイペースで狩り続けられます・・・もっとも
大抵は1時間経たずにマステラとローヤルで50%重量を超えてしまうのですが。
消耗を抑えた狩りならBase時給700k前後、おもち・レモンを使ってSPを潤沢に使っていくなら
もう少し時給は上がりますが、基本的にお金を稼ぎつつEXPもある程度稼ぐ、という狩場です。

◆生体工学研究所B1F
一次職DOPがちらほらと配置されていますが、主に狩るのはリムーバ(とメタリン)です。
リムーバはHPがやや高めですが、不死2属性でかつ低Def、BaseEXPはオットー並という、
ボーナスMobと言わんばかりの強さだったりします。中型鞭があればかなりのダメージを叩き
出せるでしょう。メタリンも地味に美味しく、要HITの高いウィレスもさほど問題ではありません。
囲まれないように立ち回り、一次職DOPとの戦闘を避けるように索敵していけば、Flee200に
達していなくても、それなりに狩ることができるはずです。
実力が付いてきたら、一次職DOPを相手にするのも良いでしょう。マジシャンのDOPは厳しい
ですが、剣士・シーフ・アコ・商人ならば1対1を保つことで、十分に対処できます。

◆スフィンクスダンジョン4F
ほとんどのMobが火属性で、相性の通りが良い水鞭・対火鞭が大活躍します。鎧はなるべく、
火タイツもしくは水タイツを装備しておいた方が、マルドゥークのFB・パサナ&ミノの属性攻撃を
大きく減らせるので、安定に繋がります。
ここでのネックは牛のHFですが、これをきっちり外せるかどうかで時給効率が変わってきます。
アクセスはあまり良くありませんが、順調に狩れるなら時給1Mを達成できる狩場の1つです。

◆タートルアイランド
大抵のAGI系クラスの最終狩場として候補に挙がるのがここです。鞭子の場合は火鞭・地鞭・
中型鞭と持っていけば、ペスト以外に満遍なく対応できます。沸きは激しく、Mob単体の強さも
かなりのものがありますが、安定して狩れるようになれば、時給1Mは余裕で超えられます。
アルベルタから渡航費10kを支払って来る必要はありますが、金銭面を気にしなければ、転生
までの最終狩場としても、かなり優秀です。

◆時計塔地下4F
二極鞭子にもっとも向いていると思われる、最終狩場候補の1つです。バースリーのみを狩る
だけでもかなりの時給は出ますが、JKをある程度避けて通常攻撃で倒せるようになってくると、
安定して時給1Mペースを維持し続けられるようになります。
アクセスが遠く、魔剣が時間沸きすることもあって、狩場のハードル自体は全体的に見て高い
方に入りますが、金銭面とEXP面を高い水準で満たすことのできる、素晴らしい狩場です。
ただし、ほとんどのサーバーで大量のトレインが見られるので、その辺を気にせずに狩り続ける
ことができる人にしか、お勧めできません。
装備は、対人鞭・対人盾・闇タイツの3つが必須ですが、揃えるのはそう難しくはないでしょう。
[PR]

by lana_ro | 2006-06-06 15:13 | 二極鞭子育成  

二極鞭子育成(その5)

■育成狩場(ダンサー時代前半)

◆アインブロクフィールド08(アインブロク↓)
メタリンとポルセリオがメインのマップです。メタリンは強さの割にEXPが高いので、EXPを稼ぐ
だけなら、転職直後から通い詰めても良いように思います。テレポorハエ索敵でDrop無視の
狩りならば、それなりの時給効率が出ます。アクセスが近く、火矢だけで通えるのも魅力です。
金銭的にはs4マインゴーシュがあるぐらいで、他に見るものはありません。

◆ソグラト砂漠18(モロク↓↓→→)
アサシンギルドのあるマップで、ホード・サンドマンがメインターゲットです。アクセスがやや遠い
ものの、メインのMobは中型で火矢がよく効く上、マップ内にアイス売り商人が配置されている
ため、割と狩りやすい印象があります。ハイドやクロークで隠れるMobは、集中力1をSC登録
して使っていくと良いでしょう。火鞭を持っていれば、ここでちょっと背伸びして使ってみるのも
お勧めです。

◆おもちゃ分類所(玩具2F)
Mobの強さは程々、しかも金銭的にも期待できる狩場で、AGI職定番の狩場ではあります。
クルーザーをDSで早めに処理すれば、回復剤の消耗も減って長く滞在できるようになります。
シュメティを持っていれば、ここで一足早く鞭スタイルで戦うこともできるでしょう。
EXP的にも、Base60代~70代まで長くお世話になれる時給効率が出るはずです。

◆アユタヤフィールド02
リーフキャット・ビートル・ウータンファイターが配置されているマップで、ここに来るためには、
アユタヤでのクエストを一段階終わらせておくことが必要です。
沸きがまばらで地形もやや複雑ですが、リーフキャットは強さの割にJobが有り得ない程高く、
ウータンファイターはそこそこ倒しやすくEXPも悪くありません。転生職が行く狩場だと言われて
いるようですが、普通の職でも、地味ながらもまったりと狩れる穴場のマップです。

◆オーク地下洞窟B2F(OD2F)
狭い地形にルートMobと不死Mobが盛り沢山という気味の悪いマップですが、数が数だけに、
ある程度避けて火力があるならばAGI型でもなかなか良い狩場です。Fleeのハードルはやや
高めですが、柔らかく属性の通りやすいMobがほとんどなので、弓での狩りだとシューティング
ゲームを遊んでいるような気分になれます。

◆ミョルニール廃鉱B3F(炭鉱3)
スケルワーカーとミストがメインのマップで、沸きが良くFleeのハードルは若干高めです。
EXPは他の狩場に若干劣りますが、レアの期待度やぷちレアの出現頻度が高いため、狩りの
モチベーションは比較的保ちやすいでしょう。ただし、BOTも多いので萎えてしまうかもですが。
AGIがそれなりに高くなってきたら、鞭で頑張ってみるのも良いでしょう。

◆龍之城フィールド
土精に代表される地属性Mobのみが配置されているマップで、アクセスの良さは抜群です。
カマキリをFleeで避けられるなら、土精を逃げ撃ちもしくはDS即殺で倒していくことで、狩りは
きちんと成立します。キャラメルやアナコンダクも狩っていけば、EXPだけでなく金銭の方でも
なかなか美味しかったりします。

◆ピラミッドダンジョンB2F(牛マップ)
ミノタウロスだらけの暑苦しいマップで、騎士の狩場と思われがちですが、Fleeが足りていれば
狩場として十分に通えます。ただし、沸きもそれなりに多いので、弓を使うなら水矢を、鞭を使う
なら水鞭もしくは対動物鞭を持っていかないと、火力が足りずに貯め込んでしまって、寝転ぶか
飛ぶ羽目になります。もちろん、HFを避けるテクニックも覚えておきたいところ。

◆国境検問所(カビ園・アルデバラン↑←)
配置Mobのメインがパンクで、まさに弓手御用達、とでも言わんばかりのマップ。植物特化や
カビ特化の弓があれば、かなりの時給効率が出ます。また、Fleeが足りているならば、地鞭を
装備して叩くのも良いでしょう。金銭的には収集品頼みではありますが、その分EXPを稼ぐ方に
向いている狩場です。

ノーグハルトパッチで大量のデーモンパンクが配置されてしまい、難易度は大きく上昇、しかも
高DefのMobなので鞭子には厳しい狩場となってしまいました。
パンクの多い狩場となると時計1Fなのですが・・・ここにはライドワードもそれなりに配置されて
いるため、ライドワードから逃げつつハエやテレポで索敵していく狩りとなります。1サイクルを
30分としてこまめに補給を行えば、ある程度は狩りになりますが、あまりお勧めはできません。

◆アインブロクフィールド04(ジオ園・アインブロク↑)
ジオグラファーが大量に沸いているマップ。アーチャー時代でも良い狩場でしたが、ダンサー
時代では、高まったSPを活かしてさらにテンポ良く狩ることが可能です。通い続けられるなら、
80代後半までお世話になれるほどの時給効率が出ます。
レアはあまり期待できませんが、育成スピード重視ならば、かなり上位に位置する狩場です。

◆アマツフィールド
カラ傘と河童がメインのマップ。河童の95%Fleeは高めですが、EXP比率が良く、収集品の
高さと高性能回復剤のDropもあって、地味ながらも良い狩場です。
河童から逃げてカラ傘だけ狩ることもできますが、その場合はFleeのハードルも下がります。

◆アインベフ鉱山ダンジョンB1F
厄介スキル持ちが多いものの、単体の強さから見てEXP比率の良いMobが多く、サイズ特化
武器で狩れるなら、70代中盤~後半の狩場としてなかなか優秀です。アインベフの道具屋に
火矢が売ってあるのも魅力で、レアがほとんどないことと、ウンゴリアントやジャンクポットという
強Mobから逃げる手間が必要なのが難点でしょうか。
[PR]

by lana_ro | 2006-05-29 18:45 | 二極鞭子育成  

二極鞭子育成(その4)

(注)以下の育成狩場はソロ(1PC)狩りで行くことを前提としたものです。


■育成狩場(ノビ時代)

まず、初心者修練場はきちんと通っていきましょう。配置NPCとの会話で、ある程度はBaseも
Jobも上がるようになっているので、フラグを確認して話しかけていけば、Base8/Job7までは
簡単に上がります。(RAGtimeの「その他」から「初心者修練場」を参照のこと)
初心者修練場を卒業したら、以下に挙げる狩場でJob10まで育ててアーチャーへ転職です。
装備は「超強いマインゴーシュ」を強く推奨します。必中ダメージが40点もあるため、ノービスが
相手にするMobならば、必中ダメージだけでも十分な攻撃力になります。

◆ゲフェンフィールド01(プロンテラ←←←)
ロッダフロッグとポポリンがターゲットです。ロッダフロッグは空き瓶を集めるのにも良いですし、
後々使うタイツに挿すカードの自力GETを狙えるのも利点です。ノービスでポポリンを叩くなら、
回復剤(ミルクなど)を積んでいった方がいいでしょう。

◆プロンテラフィールド09(プロンテラ↓↓←)
サベージベベをメインのターゲットとします。子デザートウルフも狙っていっていいでしょう。
にくが落ちるので、現地で回復剤をある程度調達できるのが利点です。

◆プロンテラフィールド04(プロンテラ←←)
主なターゲットはロッカーですが、回復剤を積んでいるならクリーミーを叩いてもいいでしょう。
時間沸きのボーカルに注意。ノービスでは荷の重い相手です。

◆フェイヨン迷いの森04(プロンテラ↓↓→)
ポリン島という通称で有名なマップで、ポリン類しか登場しません。回復剤を積んで、ポポリンや
マーリンを叩いていけば、すぐにJob10まで上がるはずです。



■育成狩場(アーチャー時代)

基本的に、非移動型Mobの配置されているマップがメインとなります。
BaseLv18でクロスボウを装備できるまで、ノービス時代から引き続いて超強いマインゴーシュ
装備でポポリンを叩き続けるか、店売りコンポジットボウでマンドラゴラを撃つのが良いでしょう。
角弓(アーバレスト)を装備できるBaseLv33まで上げるのも一手間ですが、+6精錬の店売り
クロスボウでも問題なく育てられます。

◆プロンテラフィールド02(プロンテラ→↑)
マンドラゴラが大量に沸くマップ。Base25付近までは、ここに通えば問題なく上がります。
メインDropの「植物の茎」は製薬材料として需要が高いので、資金稼ぎとしてもお勧めです。
持っていく矢も火だけで済むのが利点でしょうか。

◆ミョルニール山脈11(プロンテラ→↑↑)
マンドラゴラとフローラがターゲットです。雄盗蟲やアルギオペも配置されていますが、動きが
遅いので振り切るのは簡単です。慣れてきたら、逃げ撃ちで倒してみるのも良いでしょう。
この狩場も火矢だけで問題なく狩れます。
Base30後半、ちょっと頑張ればBase40中盤までお世話になれる狩場です。

◆フェイヨン迷いの森07(フェイヨン↓→)
エルダーウィローとエギラが配置されているマップで、私が所属していたギルド「たまご天国」の
名称はここから来ていたりします。ミルクなどの回復剤をある程度積んで、被弾を覚悟で狩って
いくような狩場です。銀矢だけで狩れますが、水矢があればもっと楽に狩れるでしょう。
ぷちレアも多く、金銭面もなかなかお得な狩場です。

◆ソグラト砂漠03(フェイヨン↓←)
フェイヨン迷いの森07からビッグフットを抜いて天下大将軍を追加したようなマップです。
時間沸きのさすらい狼も配置されていますが、アーチャー時代では・・・歯が立たないでしょう。
天下大将軍は10マス空けて射撃すれば、反撃を受けずに倒すことができますが、ターゲットの
被りや横殴りに気を付けておきましょう。

◆フェイヨン迷いの森10(フェイヨン→→↓)
天下大将軍が大量に配置されていますが、ホロンもかなりの数が配置されていて、九尾狐も
3体ほど配置されています。ホロンや九尾狐から逃げつつ天下大将軍を狩ることになるため、
なかなか窮屈な狩り方を強いられますが、時給効率はそれほど悪くはありません。
もちろん、タゲ被りや横殴りには十分な注意を払っておくべきです。

◆キルハイル学院(アルデバラン↑←↑)
ジオグラファーとグランペコの配置されているマップですが、ターゲットはジオグラファーです。
マップ自体が広く地形も複雑で、かなり歩き回るか転移索敵が必要となる狩場ではあります。
アクセスの近さやジオグラファーの配置数から見ると、アインブロクフィールド04が明らかに
優秀なのですが、複数のジオグラファーを倒せるほどの火力がない時期は、ここで育ててから
狩場を移る方が良いでしょう。

◆アインブロクフィールド04(アインブロク↑)
ジオ園と呼ばれるほど、ジオグラファーが大量に沸いている狩場です。転職後の狩場としても
優秀で、タイプによっては最終狩場に成り得るほどの時給効率が出ます。アクセスが良いのも
利点で、隣町のアインベフにある道具屋には、火矢が売ってあるのも見逃せません。
しかし、狩場のハードルは高く、複数のジオグラファーのヒールをものともしない火力、横沸きに
かじられても死なないHP(&Def)が必要とされます。
DEX先行で上げて中型特化弓があるならば、Base45前後から通い始められるはずです。
[PR]

by lana_ro | 2006-05-28 16:43 | 二極鞭子育成  

二極鞭子育成(その3)

■育成方針(スキル)

◆アーチャー時代

アーチャー時代のスキルは、どれも有用なものばかりです。
ただしアローシャワーは、威力よりもノックバック性能を用いることがほとんどなため、取るなら
Lv1で十分です。(それすら使う機会は少ないので、ばっさり切ってしまっても大丈夫かも)
というわけで、他のスキルを10、アローシャワーを1だけ取るとして、達成Jobは42となります。
取っていく順番は・・・
DS1 → ふくろう3 → ワシ10 → DS+9 → ふくろう+7 → 集中10 → AS1
DSを最初に1だけ振るのは、育成初期の余剰SPを少しでも活かすためです。
また、クエストスキルの矢作成とチャージアローはぜひ修得しておいてください。
矢作成はこれから長くお世話になるスキルですし、チャージアローも使い道は多いです。

◆ダンサー時代

はっきり言って、二極鞭子に必須なのは「ダンスの練習10」と「矢撃ち5」だけです。
他のスキルは余録と言い切ってしまっても問題ないくらいです。
それでもポイントが余るのはもったいないので、各スキルの個人的な印象を書いておきます。
修得方針の参考にどうぞ。

ダンススキルを取るなら、アドリブ・アンコール・自分勝手なダンス3は必須なので修得。
スクリームを狩りで使うことはまずありません。ただし、数々のセリフはネタとして優秀なので、
1だけ取っておくのはアリだと思います(私は1だけ取っていました)
ダンススキルのうち辻で使える機会が多いのは、「サービスフォーユー」と「幸運のキス」です。
「ハミング」も使えなくはないのですが・・・時計地下4でジョーカーに難儀している人に使う程度
でしょう。「私を忘れないで」は、Mobへの効果が薄く、そもそもの効果がGv・Pv向きなので・・・
Gvでエンペリウム周辺での防衛に参加する機会があるならば、取っておいてもいいでしょう。
合奏スキルについては、こればかりは「相手を見つけられるかどうか」に掛かっています。



ダンス系スキルの修得において、考慮に入れるべき要素がもう1つあります。
ノーグハルトパッチにて実装された「ソウルリンカー」のスキル「バードとダンサーの魂」です。
このスキルが掛かると、一定時間・・・全ての演奏・ダンススキルの効果が自分自身にも適用
されるようになり、修得レベルが10であるダンススキルに対応したバードの演奏スキルも使用
できるようになります。ハミングなら口笛、私を忘れないでなら夕陽のアサクロ、幸運のキスなら
ブラギ、サービスなら林檎という対応になっています。

ただし、演奏スキルは楽器の練習が適用されるため、バードが使った時と同じ力を得ることは
できません。その上で、バードとダンサーの魂を受ける前提で取るべきスキルは、二極鞭子の
ステータスタイプを活かせる「私を忘れないで」と「ハミング」でしょう。前者は夕陽のアサクロに
変化して自分のASPDを上げることに繋がり、後者は口笛の効果によって自身のFleeを上昇
させることができます。

ASPD190は1つのロマンですが、ノーグハルトパッチでバーサークピッチャー・AGI増強料理・
フルアドレナリンラッシュが追加されたことにより、達成は比較的楽になりました。
ロマンを追い求めるなら、狩りに使えなくとも、「私を忘れないで」を10レベル取るという選択は、
考慮に入れていい選択肢だと思います。
[PR]

by lana_ro | 2006-05-27 19:22 | 二極鞭子育成  

二極鞭子育成(その2)

■育成方針(ステータス)

装備の揃い具合は個々人で異なるので、細かい数値は、ROratorioでシミュレートしてからの
微調整を「個々人で」行ってください。

◆作成時

まず、キャラクター作成時のステータスはAGI9・INT9・DEX9をお勧めしておきます。
AGIとDEXを9にするのは当然ですが、INTを9にすることには、それなりの理由があります。
ダンサーのINT補正は最大+5で、最終的には9+5で14となるのですが、ブレスを受けた時の
INTは24となって、自然SP回復量の区切りである6の倍数に落ち着くためです。

◆育成前半(ダンサー転職前後)

育成概論でも述べたように、アーチャー時代は駆け足で通り抜けた方が楽です。
そのため、まずはDEXを先行して上げ続けます。
目安は、集中込みDEX90もしくは100を確保する、というものです。
大まかに計算すると、素DEXで63前後もしくは72前後となりますが、これは、ダンサー時代の
Job20(~Job40)時点でのDEX補正を見越した数字です。

なお、初期からずっとDEXに振り続ければ、Base43で素DEXが64まで上がります。
装備がある程度(グローブ×2)揃っているなら、ジオグラファーに必中となっているはずです。
ようやくここから、AGIへと振り始めます。
もっとも、Fleeが足りないのを我慢してジオ園(アインブロク↑)に通い続けられるなら、72まで
振ってもいいと思います。70代までASPDやFleeに不安を抱えることになりますが、長期的に
見ると、このDEXの高さは育成後半に生きてきます。

さて、スキル面で過不足のないJob42を達成する頃には、BaseLvが55前後に達していること
でしょう。ここでダンサーに転職することになりますが、それでもAGIへと振り続けます。
そして、区切りがいいところで素DEXを72前後まで上げておいてください。

そうすれば、BaseLv72前後でほぼ素DEX=素AGIとなるはずです。Fleeも、ウィスパーc挿し
肩防具込みで180強に達するので、ミノタウロスやパンクなどの中レベル帯Mobをターゲットに
狩り続けられるでしょう。
このステータスを、育成における「最初の到達点」と捉えておくと良いように思います。

◆育成後半(Base99達成まで)

ここからの育成は・・・「DEX区切り完成」か「AGI・Flee確保」のどちらを優先するかで、流れは
多少違ってきます。DEXを先行させると、非移動型Mob狩りをメインにしたり、ペアやPT狩りに
参加したりする方面には有利になりますが、鞭が実用的になるラインが遅く、狩場も限定されて
しまいます。逆にAGIを先行させれば、狩場が広くなる上に鞭スタイルを早い時期から楽しめる
ようになりますが、威力が頭打ちになるケースが多くなり、時給効率は伸び悩みます。

晩成であるのを我慢できるならDEX先行、放浪して色々な狩場を回ってみたいならAGI先行を
お勧めしますが、タイプ的にソロ狩りメインとなることを考えると、AGIを先行させて目標狩場に
合わせる方が、モチベーションを保って遊び続けられると思います。
ちなみに私はDEX先行だったのですが、Fleeを確保できている狩場に長く籠もることのできる
人ならば、これはこれで悪くありません。回復剤次第では多少の無理も利かせられます。

とりあえず育成前半と同じように、Base80でDEX80-AGI80になることを1つの目標にしても
良いでしょう。鞭子としてのスタイルが確立してくるのも、だいたいこの時期からです。
これ以後は、頭防具・タイツ・アクセサリ類のステータス調整用装備がどの程度整っているかに
よって、細かいステ振りは変わりますが・・・基本は「DEX区切り」か「AGI・Flee確保」です。

個人的な意見ではありますが、Base80を超えたら、なるべく早めに崑崙1に通えるようにする
ことが、装備を整える面から見ても、モチベーションを保つ面から見ても、お勧めです。
人面桃樹の95%Fleeは208ですが、これだけのFleeがあればほとんどの狩場に通えます。
AGIとDEXをフラットに育てていくならBase85で達成可能で、そこから古代アクセ装備可能の
Base90まで崑崙に通い続ければ、相当なお金を貯めることができるはずです。
ステ振りに少し違いはありますが、ここでQMロープの資金を稼いだ私の経験談でもあります。

さて、Base90は1つの転換点でもあります。
この時点でDEXがカンストしていれば、矢りんご+ニンブルグローブ×2の装備でDEX140を
達成できるからです。とは言っても、Base90到達でDEX140にするのは賢くありません。
AGIが圧迫されてFleeが少なくなり、普段の狩りが厳しくなります。
それでも、DEX140をある程度早い段階で到達させておく利点は、ちゃんとあります。
二極鞭子の最終狩場の1つである時計地下4F・・・ここのメインMobバースリーを、対人鞭で
叩いた場合の確殺数が、DEX130とDEX140では1回分違うからです。
私の場合はBase94でAGI89-DEX99としましたが、これで時計地下4の時給効率が1M↑で
安定し始めました。

一応、ここまで到達すれば、鞭スタイルの方が総合的に強くなる狩場も出てきているはずです。
個人的には、90代前半でDEXをカンストさせて攻撃力を完成させた上で、発光までAGIを振り
続けていく方が、長い道のりを歩む上では有効だと思います。
[PR]

by lana_ro | 2006-05-27 19:16 | 二極鞭子育成  

二極鞭子育成(その1)

■二極鞭子の育成にあたって

まず、AGI-DEX二極鞭子ダンサーという職タイプは、Mob狩り専門のスタイルであると考えて
頂きたいと思います。しかもINTを振らないため、SP係数の高さが中途半端にしか活かせず、
鞭を使って戦うというスタイルそのものも、80代後半から何とか様になるという晩成型です。
メインの武器である「鞭」も、入手性や性能はお世辞にも良いとは言えません。

ここまで書けば分かると思いますが、二極鞭子とは、転生を目指して高い時給を目指すタイプ
ではなく、まったりと育成過程を楽しむべきタイプです。そしてもう1つ、以後に続くコンテンツで、
育成プランをそれなりに提示はしていますが、これに従って育てれば安心と思っている人にも、
おそらくは向かないでしょう。

それでも・・・

ダンサーという職が好きで、
鞭を振るう姿に惹かれ、
誇りある道を歩もうと決意するのならば・・・

ようこそ、二極鞭子の道へ。





■育成概論

育成プランの概観ですが、以後に書き綴られる内容は、以下の条件を前提としています。

→ 基本はソロ狩り・1PC(2PC支援などは考えない)
→ HP回復剤は過剰に使わず、SP回復剤は原則的に使わない
→ ある程度の装備が揃えられる(もしくは揃っている)
→ 力量が足りないうちから鞭子スタイルで戦うことを強要しない

二極「鞭」子ですから、ノービス・アーチャー時代は修養時代と考えて、あっさりと通り過ぎる
ぐらいで問題ありません。基礎ステータスを固め、Base80以降から鞭を積極的に使っていく
ための準備期間と捉えておけば、十分です。
ステータスの基本方針は、DEXを区切りの(10の倍数きっかりの)ところまで上げて、そこから
しばらくAGIを振ってFleeを確保する、という流れの繰り返しです。
「DEX上げ」 → 「区切り達成」 → 「AGI上げる」 → 「Fleeを確保して移動」
もちろん、一定の区切り(DEX110・120・130辺り)で止めて攻撃力が十分だと思えるならば、
そのままAGIを上げ続けて、先の目標狩場を見据えておくのも悪くありません。
スキルの基本方針は、ダンスの練習10と矢撃ち5・・・これに尽きます。



■装備の優先順位

優先順位が高くても(サーバーによっては)揃えるのが難しい装備が書かれていますが、元々、
本格的に育て始めるならば、それぐらいの準備が必要な職タイプであると考えておくべきです。
RO初心者やサーバー移住後の1stキャラが選ぶべきではありません。
ちなみに、優先順位2装備まで揃ってしまえば、自力である程度稼ぐことのできる80代まで、
かなり楽に育つことができるでしょう。もちろん、揃えられるものから揃えるのも1つの手です。
なお、私が持っていない装備はこのリストに登場していません。

----------------------------------------
(注)項目内で上に来ている装備ほど優先順位が高いと考えて下さい。

○優先順位1(80までに欲しい装備)

◆中型特化弓(+5でも十分。アーバレストでも問題なし)
◆ウィスパーc挿し肩防具(無いならばドラゴンテイルc挿しでも・・・)
◆ロッダフロッグ挿し鎧
◆s無しグローブ×2
◆ウィローc挿し頭防具
◆ソヒーc挿しブーツ


○優先順位2(80代から揃えていきたい装備)

◆オークウォリアーc挿し盾(動物盾)
◆タラフロッグc挿し盾(人間盾)
◆名射手のりんご
◆バースリーc挿しタイツ
◆ニンブルクリップ×2
◆大地の鞭(安価な特化鞭として有用、特にお勧め)
◆紅炎の鞭
◆ロッダフロッグc挿しタイツ
◆ホルンc挿し盾(遠距離盾)
◆人面桃樹c挿し盾(桃木盾)
◆ブローチorアスレチッククリップ


○優先順位3(揃えるのは難しいがそれだけの価値がある装備)

◆中型特化鞭
◆テレポートクリップ
◆QMロープ
◆対人鞭
◆ニンブルグローブ×2
◆対動物鞭
◆テレポートグローブ
◆ソードフィッシュc挿しタイツ
◆氷剣の鞭


○優先順位4(基本的に贅沢品)

◆大型特化鞭
◆ミストレス王冠
◆無形特化鞭
◆DHdDtiロープ
◆植物特化鞭
◆各種三減盾
◆過剰精錬防具
[PR]

by lana_ro | 2006-05-26 16:51 | 二極鞭子育成